IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

どっちが便利?Microsoftアカウントとローカルアカウントの違いとは?

クエスチョン

Windows 8の頃から、パソコンにサインインする時、今まで使っていた「ローカルアカウント」ではなく、「Microsoftアカウント」を使うようにと推奨されるようになりました。

 

しかし、「Microsoftアカウントって何?」「わざわざ面倒な登録をしてまで使うメリット有るの?」と疑問を抱き、特に困らないのでローカルアカウントを使い続けている方も多いでしょう。

 

そこで、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いを、詳しくご説明致しましょう。

 

スポンサーリンク


アカウントの定義

そもそも、英語のアカウント(account)とは「口座、顧客」等の意味を持つ単語ですが、パソコン用語としては「利用者を識別するための番号」という、戸籍や最近始まったマイナンバーのような物と思って下さい。

 

ですから、ローカル(local:特定地方、局地的な)アカウントとは「1台のパソコンに限定された番号」であり、Microsoftアカウントとは「Microsoft社が管理する番号」という事を踏まえておくと、今後の説明がより分り易いかと思います。

 

 

ローカルアカウント

ではまず、ローカルアカウントについて詳しく説明していきましょう。Windows95等の旧OSからある、馴染み深いローカルアカウントですが、これは1台のパソコンに作成された、1人のユーザーのためのアカウントです。

 

ですから、そのアカウントを使って別のパソコンにサインインする、なんて事は不可能です。

 

メリットは、1台のパソコンに何個でも作れるという事です。Aさんのアカウントで入れば、パソコンに表示されるメールやアプリは、Aさんの物しか表示されません。

 

Bさんが同じパソコンに、Bさんのアカウントで入っても、Aさんのデータを勝手に見る事は出来ないのです。

 

家族や職場など、1台のパソコンを複数で共用する時、個々で設定やデータを使い分けられるのが、ローカルアカウントなのです。

 

 

Microsoftアカウントとローカルアカウントの違いとは?01

出典:dynabook.com/

 

 

 

Microsoftアカウント

Microsoftアカウントとローカルアカウントの違いとは?02

Microsoftアカウント

 

続いてMicrosoftアカウントですが、これは前述の通り「Microsoft社が管理しているアカウント」です。ですので、そのアカウント情報はMicrosoft社のサーバー、つまりネット上に有ると言えます。

 

そのため、1つのアカウントで複数のパソコンにサインイン可能で、個人設定をネットワーク経由で同期も出来るのです。

 

つまり、頻繁にパソコンを買い替える人や、家はノートPC、会社はデスクトップPC、出先ではタブレットやスマホと、幾つもの端末で同じ設定やデータを使いたい人には、とても便利なのです。

 

それだけでなく、Windowsストアでアプリを入手できるようになる他、Microsoft社が提供する便利なネットサービスを、Microsoftアカウント1つで全て受けられるのです。

 

○電子メールサービス「Outlook.com」

Microsoftアカウントとローカルアカウントの違いとは?03

電子メールサービス「Outlook.com」

 

○クラウドストレージ「OneDrive」

Microsoftアカウントとローカルアカウントの違いとは?04

クラウドストレージ「OneDrive」

 

他にもSkypeやXBOXなどでもMicrosoftアカウントを利用できます。

 

 

双方のメリットとデメリット

良い事尽くめに思えるMicrosoftアカウントですが、そうは問屋が卸しません。

 

Microsoft社のサーバーで管理されているという事は、そこがハッカーなどにサイバー攻撃を受けた場合、個人情報が流出してしまう危険が有るという事です。

 

貴方のアカウントとパスワードを奪われ、電子メールを勝手に読まれたり、クラウドストレージに保存した写真やデータを、消されたりバラ撒かれたりすれば一大事です。

 

勿論、Microsoft社もそれは重々承知していますから、厳重な対策が施されているでしょう。しかし、絶対ではありませんし、社員が悪用するなんて可能性も否定できません。

 

と、散々脅してしまいましたが、この辺りはネットのサービスを利用していれば、どうしても付きまとってくる不安でしかありません。

 

極小の危険性よりも、多大な利便性を求めるならMicrosoftアカウント。

 

あまりネットサービスを利用せず、パソコンを複数人で共用するならローカルアカウントと、それぞれの利用法に合わせて使い分けると良いでしょう。

 

下記は双方の特徴を簡単にまとめたものです。

 

 

 

Microsoftアカウント

ローカルアカウント

アカウント名

メールアドレスで固定

自由に設定可能

設定の共有

可能

不可能

Windowsストア

使える

使えない

Microsoftのネットサービス

使える

使えない

安全性

情報流出の危険有り

危険性はほぼ無し

 

 

まとめ

使い道に差はあれど、どちらも貴方のパソコンを使えるようになる、大切なアカウントです。

 

無暗に他人に教えたりしないよう、情報管理だけはしっかりとしておきましょう。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較