IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

タブレットユーザー必見!windows10のタブレットモード・切替と使用方法

タブレット

Windows10の特徴として、デスクトップPCだけでなく、スマホやタブレットという携帯端末でも使える、マルチなOSを目指して作成されたという点があります。

 

その最たる機能が「タブレットモード」です。

 

先に言ってしまいますが、これは名前通りタブレットやスマホでの操作性を向上するモードであり、デスクトップでしかWindows10を使わない人にとっては、全くメリットがありませんのでご注意下さい。

 

それでは、タブレットモードへの切替方法とその特徴を紹介致します。

 

スポンサーリンク


タブレットモードへの切替方法

タブレットモードへの切替は、アクションセンターから簡単に行えます。

 

 

アクションセンターから切り替える方法

  1. タスクバーの「アクションセンター」アイコンをクリック。
    windows10のタブレットモード・切替と使用方法01 
  2. 下のクイックアクションから「タブレットモード」をクリック。
    windows10のタブレットモード・切替と使用方法02

 

これで切替ができますが、設定画面からも変更できます。

 

 

 設定画面から切り替える方法

  1. スタートメニューから「設定」をクリック。
    windows10のタブレットモード・切替と使用方法03 
  2. 「システム」をクリック。
    windows10のタブレットモード・切替と使用方法04 
  3. 左欄から「タブレットモード」を選択し、「デバイスをタブレットとして使用すると、windowsのタッチ機能がより使いやすくなります」をオン。
    windows10のタブレットモード・切替と使用方法05

 

ここからもオンオフの切替が可能です。

 

 

タブレットモードに関する設定方法

また、この画面からタブレットモードに関する設定を行えます。まず、「サインイン時の動作」ですが、これは3つの中から選べます。

 

windows10のタブレットモード・切替と使用方法06

 

 

  • 自動的にタブレットモードに切り替える:常にタブレットモードで起動。
  • デスクトップに移動:常にデスクトップモード(従来通りのPC画面)で起動。
  • 最後に使用した内容を記憶する:電源を切った時のモードで起動。

 

どちらかに固定するか、直前のモードにするかという事です。

 

次に「デバイスがタブレットモードのオンとオフを自動的に切り替えるとき」ですが、これはWindows10の目玉機能「Continuum」に関わる設定です。

 

windows10のタブレットモード・切替と使用方法07

出典:www.slashgear.com/

 

簡単に説明しておきますと、ContinuumとはWindows10が入ったスマホやタブレットを、ケーブルでディスプレイやキーボードと繋げると、まるでデスクトップPCのように使えるという機能です。

 

ここの設定は、そのContinuum機能を自動で行うかといった事を選択できるのです。

 

windows10のタブレットモード・切替と使用方法08

 

 

  • 確認せず、切り替えも行わない:Continuumをオフにする。
  • 切り替える前に常に確認する:確認してからContinuumをオンにする。
  • 確認せず、常に切り替える:自動でContinuumをオンにする。

 

最後に「タブレットモードではタスクバーのアプリアイコンを非表示にする」ですが、これはオンにすると、使用中のアプリやタスクバーに登録したアイコンが、全て消えるというものです。

 

windows10のタブレットモード・切替と使用方法09a

windows10のタブレットモード・切替と使用方法09b

 

画面がシンプルにはなりますが、使いやすさは著しく下がりますので、オフのままで問題ないと思われます。

 

 

モードの違い

通常のデスクトップモードとタブレットモードの違いは、下記のようになっています。

 

 

 

デスクトップモード

タブレットモード

スタートメニューの表示

左下に表示

全画面表示

タスクバーの表示

アイコンと検索ボックス

アイコンのみ

アプリの表示

ウィンドで複数表示

サイズ変更可能

全画面で1つのみ表示

サイズ変更不可能

アプリの終了方法

「×」ボタンをクリック

下に向かってスワイプ

 

特に大きな差は、タブレットモードではアプリが1つしか表示できず、全画面で固定されサイズ変更不可能な点でしょう。

 

スマホやタブレットの比較的小さな画面では、この方が見やすく使いやすいのですが、デスクトップPCだと複数のアプリが同時に見られず、ハッキリ言って不便でしかありません。

 

これが最初に言った、「デスクトップPCの使用者にはメリットがない」という理由です。

 

一応、タブレットモードでも、Windows 8にあった「スナップ」機能のように、画面を分割すれば複数のアプリを表示可能です。

 

  1. 2つ以上のアプリを起動した状態で、画面の上から下にスワイプ。
  2. 画面中央に境界線が現れるので、サムネイル化された起動中のアプリを、左右どちからに動かす。

 

windows10のタブレットモード・切替と使用方法10

出典:win-tab.net/

 

このスナップ機能はタブレットモード専用であり、デスクトップモードでは使用できません。ウィンドサイズを好きに変更できるので、使う必要性もないのですが。

 

ただ、デスクトップモードでは「Win+十字キー」でウィンドサイズを2分割や4分割にリサイズできる機能があり、これも「スナップ」という同じ名前だったりします。

 

ちょっと紛らわしいので、間違えないように気を付けましょう。

 

 

まとめ

据置端末でも携帯端末でも扱えるようにと変更を加えたら、中途半端になってどちらのユーザーからも不評だったWindows 8。

 

その反省を踏まえ、それぞれの端末に適したモードを用意し、柔軟に変更できるようにしたのがWindows10であり、このタブレットモードです。

 

今はまだ頻繁にモードを切り替える事もないので、恩寵が少なく感じられますが、Continuum搭載のスマホが普及し始めた頃、その真価を発揮するのでしょう。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較