IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

【Windows10】通知領域アイコンの表示・非表示を変更する方法

バルーン

Windowsの画面右下にある「通知領域」または「タスクトレイ」と呼ばれる場所には、音量調整やネットワーク状況など、様々なアイコンが表示されます。

 

この通知領域のアイコン、Windows8.1までは「△」から「カスタマイズ」を行う事で、表示するアイコンを選択する事ができました。

 

しかし、Windows 10ではそのカスタマイズが無くなってしまったのです。

 

通知領域アイコンの表示・非表示を設定する方法01

出典:www.itmedia.co.jp/

 

周囲をいくら探しても、アイコンの表示切替らしきものは全く見当たりません。

 

スポンサーリンク


通知領域の表示切替その1

では、どこから変更するのかと言うと設定画面からになりました。

 

 

  1. 時計アイコンを右クリックし、メニューから「通知アイコンのカスタマイズ」をクリック。
    通知領域アイコンの表示・非表示を設定する方法02
  2. 「通知とアクション」画面が開くので「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」をクリック。
    通知領域アイコンの表示・非表示を設定する方法03
  3. アイコン表示の設定画面が開くので、オン・オフボタンをクリックして選択。
    通知領域アイコンの表示・非表示を設定する方法04

 

これでオンにしたものは常に表示され、オフにすると「△」をクリックして開く一覧に表示されます。

 

「常にすべてのアイコン通知領域を表示する」をオンにした場合は、文字通り全てのアイコンが表示されます。

 

通知領域アイコンの表示・非表示を設定する方法05

 

 

通知領域の表示切替その2

何だかとても面倒になってしまいましたが、実の所、もっと簡単に表示を切り替える方法があります。

 

それは、「アイコンをドラッグする」という単純なものです。

 

通知領域アイコンの表示・非表示を設定する方法06

 

「△」をクリックして開く一覧から、アイコンをタスクトレイにドラッグ、逆にタスクトレイから一覧にドラッグするだけで、表示するアイコンを入れ替えられます。

 

このように、より感覚的に表示・非表示を切り替えられるようになったので、「カスタマイズ」ボタンを無くしたのでしょう。

 

ただ、どこにもその説明が無いので、従来からのユーザーが戸惑ってしまうのは、少々不親切かと思いますが。

 

 

まとめ

一見面倒になったかに見えて、実は簡単になっていたアイコンの表示切替方法。

 

Windows 10にはまだまだこういった小ネタが隠れていそうです。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較