IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

10GB以上も確保!Windows10の不要フォルダ「Windows.old」を削除する方法

キーボードとマウスとUSB

HDの要領を空けるため、エクスプローラーでファイルをチェックしていると、「Windows.old」というやたら大きな謎のフォルダが見つかります。

 

Windows.oldを削除する方法01

 

実はこれWindows7/8.1からWindows10にアップグレードした後、何か問題があって以前のバージョンに戻そうと思った時に使う、名前通り「old(古い)Windowsのファイル」なのです。

 

ですからWindows10への移行が上手く行き、2週間ほど様子を見て問題がないようでしたら、削除しても全く構いません。

 

そもそも、Windows10への移行後、1ヶ月が経つと前バージョンへのダウングレードが不可能となり、その時にWindows.oldは自動的に削除されます。

 

とはいえ、かなり大きく容量を無駄にくっているファイルですので、直ぐにでも削除する方法をお教え致しましょう。

 

スポンサーリンク


ディスククリーンアップから削除

Windows.oldの削除はディスククリーンアップから行います。

 

  1. スタートメニューの横にある検索窓に「ディスククリーンアップ」と入力し、表示される「ディスククリーンアップ」をクリック。
    Windows.oldを削除する方法02
  2. ドライブの選択画面が表示されるので、Windows10がインストールされているドライブ(通常はCドライブ)を選択して「OK」をクリック。
    Windows.oldを削除する方法03
  3. 「システムファイルのクリーンアップ」をクリック。
    Windows.oldを削除する方法04
  4. 「削除するファイル」の項目から「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れて「OK」をクリック。
    Windows.oldを削除する方法05
  5. 確認画面が出るので「ファイルの削除」をクリック。
    Windows.oldを削除する方法06

 

これでWindows.oldが削除されます。

 

 

まとめ

当然ですがWindows.oldを削除すると、アップグレードから1ヶ月以内でも、前バージョンには戻せなくなります。

 

Windows10で不具合がないか、しっかり確認してから行いましょう。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較