パソコン

パソコンが壊れた!? そんな時にやるべき確認&修理方法まとめ

回路

ある日突然、パソコンが動かなくなる。PCユーザーにとってこれほど恐ろしい事態はありません。

 

ネットの普及で何でもできる便利な箱となったパソコンは、今や仕事でも趣味でも必須アイテムとなっており、1日使えないだけでも大損害を被りかねないからです。

 

しかし、「壊れたから修理に出そう」とか「修理は待てないから新品を買いに行く」と焦ってはいけません。

 

ちょっとした事で、壊れたと思っていたパソコンが直る可能性だってあるのです。

 

スポンサーリンク


放電と電源の確認

まず、電源ボタンを押してもランプが点灯せず、電源が入らない時は、電源ケーブルを1度抜いて、数十秒間そのままで放電してみましょう。パソコンは長時間使っていると帯電し、不要な電気が溜まって動作を阻害している事があるからです。

 

放電を終えたら電源コードを差し直します。

 

この時、パソコンだけでなくディスプレイや延長コードなども、きちんと接続されているか確認しましょう。コードが抜けかかっていて電源が入らなかったという初歩的なミスが、意外と起こるからです。

 

ここまでしてボタンを押しても電源が入らない場合、電源ユニットやマザーボード、ノートPCの場合はACアダプタやバッテリーに問題があると思われます。

 

該当パーツを買い替えるか、修理に出すのが賢明でしょう。

 

 

メモリの確認

電源は入るけど画面が真っ暗のままだったり、起動途中で止まってしまうという場合は、HDDかメモリ、OSに問題があると思われます。

 

まずはPCパーツで一番壊れやすいと言われる、メモリを確認してみましょう。

 

パソコンの側面パネルを開いて、一度メモリを外してから差し直してみると、意外と症状が直る事があります。メモリの詳しい取り外し方は、下記のサイト様をご参考下さい。

 

 

○メモリの取り外し方・取り付け方 -TSUKUMO

そんな時にやるべき確認&修理方法まとめ01

メモリの取り外し方・取り付け方 -TSUKUMO

 

メモリが2枚以上差さっている場合は、片方だけ差して起動するか確かめてみるのもありです。複数のメモリを差している場合、1枚でも故障した物が混ざっていると、エラーが出て起動しません。

 

そこで、壊れたメモリを見つけ出して外し、無事な方だけを差してあげると、ちゃんと起動してくれるのです。

 

当然ですが、メモリを外すとそのぶん性能が落ちるので、早めに買い足しておきましょう。

 

 

OSのクリーンインストール

メモリにも異常がなかった場合、OSのデータか破損している可能性が大です。

 

かなり面倒な作業になりますが、1度データを真っ新な状態にして新しくOSを入れ直す、クリーンインストールをするべきでしょう。

 

詳しい手順は下記のサイト様をご覧ください。

 

 

○【少し面倒】無償アップグレードのWindows 10をクリーンインストールする手順

そんな時にやるべき確認&修理方法まとめ02

⇒【少し面倒】無償アップグレードのWindows 10をクリーンインストールする手順 

 

 

○OS X El Capitan(エルキャピタン OSX 10.11)をクリーンインストールする方法

そんな時にやるべき確認&修理方法まとめ03

OS X El Capitan(エルキャピタン OSX 10.11)をクリーンインストールする方法

 

ただ、クリーンインストールをすると、データは全て消去されてしまいます。どうしても回収したい大切なデータがある場合、まずパソコンからHDDを取り外してみましょう。

 

 

○デスクトップ型パソコンのハードディスク(HDD)の取り外し方

そんな時にやるべき確認&修理方法まとめ04

デスクトップ型パソコンのハードディスク(HDD)の取り外し方

 

そして、取り出したHDDを外付けケースなどに入れて、他のパソコンに繋げば、無事にデータをサルベージできます。

 

 

もし、取り出したHDDを読み込めなかった場合は、OSのデータではなくHDDが物理的に故障している証拠です。

 

データのサルベージは諦め、新しいHDDを買ってOSをインストールしましょう。

 

 

 

警告音の判別

ちなみに、パソコンに異常があった時に鳴る「ビープ音(警告音)」は、エラーの種類によって音のリズムが違います。詳しくは下記のサイト様をご覧ください。

 

 

○BIOSビープ音「ハードウェア異常の警告音一覧」

BIOSビープ音「ハードウェア異常の警告音一覧」

BIOSビープ音「ハードウェア異常の警告音一覧」

 

PC上級者であれば、この音から故障個所を判別し、パーツ交換やBIOSの設定を直すことで、パソコンを修理できます。

 

しかし、初心者の場合は下手に手を出すと、余計に壊してしまう可能性があります。

 

大人しく修理に出すか買い替えた方が無難でしょう。

 

 

まとめ

落雷やウィルスのような要因がなくとも、経年劣化によって本当に突然、パソコンが壊れてしまう事はあります。

 

そんな時はまず落ち着いて、上記の方法を一度試してみては如何でしょうか。

 

 

スポンサーリンク



 

関連記事

  1. 男 画質で選ぶおすすめのビデオオンデマンド(VOD)サービス4選
  2. セキュリティ 素早く自動ログイン!Windows10起動時のパスワード入力を省…
  3. セキュリティ 情報漏洩の危険?Windows10のプライバシー設定を安全に使う…
  4. キーボード キーボードの中に溜まったゴミや汚れを簡単にキレイにする掃除方法
  5. WiFi 海外WiFiレンタルのメリットとデメリットとは?
  6. パソコン Windows10にアップグレードするべき?口コミと評判・評価ま…
  7. マイクロソフトエッジ ウィンドウズ10の新ブラウザ「edge」の読み方はME?他ブラウ…
  8. ビジネス用品 備えあれば憂いなし!便利な外付けポータブルHDDのオススメ5選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. ランサムウェア
  2. 電卓
  3. 女性
  4. 注意
  5. テクノロジークローバルネットワーク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較

PAGE TOP