IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

【速く!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介

【速い!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介01

KDDIが提供する光回線「auひかり」をご存じでしょうか。

東日本エリアではNTTのフレッツ光さえも抜いて、お客様満足度第1位を獲得した、大人気のインターネット回線サービスです。

 

このauひかりがどうしてそれほど人気なのか、メリットだけではなくデメリットも隠さず、詳しくご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク


auひかりの基本情報

まずはauひかりの料金や通信速度を、光回線の代表であるフレッツ光と比較してみました。

 

 

戸建て料金

集合住宅料金

回線速度

エリア

auひかり(ずっとギガ得プラン) 

5,100(4,900)

3,800円

最大1Gbps

全国

フレッツ光×yahooBB (ギガファミリースマートタイプ)

6,200円(5,100円) 

4,200円

最大1Gbps

全国

 

auひかりの料金は光回線、プロバイダ、ルータのレンタル料金など、全て含めて月額5,100円と元から格安な上に、「ずっとギガ得プラン」なら1年ごとに料金が下がっていき、3年目には月額4,900にまで安くなります。

 

【速い!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介02

 

対するフレッツ光ですが、「にねん割」「ギガ推し!割引」などを適用する事で、月額5,100円まで割引可能なのですが、にねん割は当然ながら2年後に無くなってしまいますし、ギガ推し!割引も30ヶ月後には無くなってしまい、結局は月額6,200円に戻ってしまいます。

 

つまり、長く使うならauひかりの方が断然お得なのです。

 

 

auひかりのメリット

料金の安さ以外にも、auひかりには沢山のメリットがあります。

 

  • 回線速度が速い
  • 料金が一元化されており分かりやすい
  • 乗りかえサポート還元で違約金の負担がない
  • auスマートバリューでスマホ代金が割引

 

回線速度が速い

auひかりもフレッツ光も数値上の通信速度は最大1Gbps と同じですが、実際の速度はauひかりの方が速く安定しているという話を良く耳にします。

 

これはフレッツ光の方が利用者が多いため、同じ光回線でも混雑の具合が違うからだと思われます。

 

今後利用者が増大すると、状況は変わってしまうかもしれませんが、今の所はauひかりの方が実際の速度は快適なようです。

 

 

料金が一元化されており分かりやすい

フレッツ光はプロバイダが別契約となっているので、月々の料金をフレッツ光は5,700円、プロバイダ(yahooBB等)は500円と別々に支払う必要があり、毎月の費用が把握しづらくなっていました。

 

しかし、auひかりは回線料金もプロバイダ料金もまとめて1つの支払いで済むので、毎月の費用分かりやすく、解約の手続きなども簡単で済みます。

 

【速い!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介03

 

 

乗りかえサポート還元で違約金の負担がない

「auひかりの方がお得だから、フレッツ光から乗り換えよう!」と思っても、契約更新月以外で解約すると発生する、契約解除料(フレッツ光の場合は9,500円)が問題となってきます。

 

しかし、auひかりでは「乗りかえサポート還元」として、解約にかかった違約金と同額を最大30,000円まで還元してくれるのです。

 

【速い!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介04

 

ただし、条件が少し厳しいので、場合によっては受けない方が良いかもしれません。

 

条件①:他社FTTH/ADSLサービスからの乗りかえで「auひかり ホーム ずっとギガ得プランのネット()+電話+電話オプションパック」に新規ご加入。

(ずっとギガ得プラン:5,100円、電話:500円、電話オプションパック:500円、合計月額6,100円)

条件②:36カ月間以上の継続利用をお約束いただくこと。

 

つまり電話サービスが必要で、さらに3年以上auひかりを継続利用できるようでしたら、乗りかえサポート還元を使うとよいでしょう。

 

 

auスマートバリューでスマホ代金が割引

【速い!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介05

 

auひかり最大のメリットは間違いなくこれです。

 

auの携帯電話とauひかりをセットで利用すると、「auスマートバリュー」として携帯電話の料金が最大2年間・毎月最大2,000円の割引を受けられるのです、

 

【速い!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介06

 

しかも自分1人だけでなく、家族全員が受けられます。

(50歳以上のご家族なら、離れて暮らしても割引対象とする事が可能です)

 

【速い!安い!】auひかりの特徴やメリット・デメリットを徹底紹介07

 

注意点として、auスマートバリューを受けるためには、オプションの電話サービス(月額500円)に加入する必要があり、毎月の支払い料金が少し上がってしまいます。

 

とはいえ、auスマートバリューによる割引は最低でも934円受けられるので、マイナスになる事はありません。

 

特に家族で使うなら、1つの光回線で全員分の携帯電話料金が安くなるので、大変お得と言えます。

 

 

auひかりのデメリット

良い事尽くめのauひかりですが、当然デメリットも存在します。

 

  • プロバイダが7社と少ない
  • エリアが若干狭い
  • 契約年数が3年と長い

 

プロバイダが7社と少ない

NTTのフレッツ光は、プロバイダと支払いが別々で面倒な分、数あるプロバイダの中から自由に選択できました。

 

しかし、auひかりは支払いを一元化した関係か、プロバイダを下記7社の中からしか選べないのです。

 

「au one net」「So-net」「BIGLOBE」「@nifty」「@TCOM」「ASAHINET」「DTI」

 

大手の「OCN」や「Yahoo!BB」などが入っておらず、現在そちらのプロバイダをご利用中の場合、乗り換える必要があります。

 

そうなると当然、プロバイダのメールアドレスが使えなくなるので、アドレス変更の手間が生じてしまいます。

 

 

エリアが若干狭い

auひかりもフレッツ光と同様、全国をカバーしてはいるのですが、その割合は70%ほどと言われており、どこでも契約可能とはいかないのです。

 

契約をお考え中の方は、まず下記のサイトでauひかりが使えるか確認しておきましょう。

 

au提供エリア検索

 

 

契約年数が3年と長い

個人的にauひかり最大のデメリットだと思うものがこれです。

 

料金を1番安くするためには「ずっとギガ得プラン」を利用する事になるのですが、こちらは契約期間が3と他社の2年契約より1年も長くなっています。

 

また、更新月以外で解約・プラン変更を行った場合、契約解除料が15,000も取られてしまうのです。他社の契約解除料がだいたい9,500円ですから、2倍近くも取られる計算です。

 

ご自宅を持っており、そうそう引っ越しをしないので、回線を変えない方なら問題はないでしょう。

 

しかし、転勤を繰り返す貸家暮らしの会社員や、4年で引っ越すアパート暮らしの大学生など、auひかりが使えない場所に行く可能性のある方には、少々厄介な縛りだといえます。

 

 

まとめ

契約年数の長さが少し気になるものの、毎月の料金が安く、auの携帯電話をご利用なら、さらに大幅な割引を受けられて実にお得です。

 

auユーザーの方は是非とも、光回線もauひかりに乗り換える事をおすすめします。

 

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較