SIMフリー

海外で長期滞在するなら携帯スマホはSIMフリー端末を持っていこう!

SIMフリー端末

仕事や留学、または夏休みなどを使って海外に長期滞在する時、携帯電話はどうなされているでしょうか?

 

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と契約した物を、海外でも使えるよう国際ローミングをして持ち込んでいる方も多いと思います。

 

ですが、それは大損しています。国際ローミングは定額1日1,980円~2,980円ととても高額なうえ、何かのミスで契約会社以外の通信回線を使うと、何十万円という異常な金額を請求されてしまうからです。

 

なので、海外に長期滞在する時はいっそ大手キャリアとの契約を解除して、SIMフリー端末を購入してプリペイドSIMを使いましょう!

 

スポンサーリンク


プリペイドSIM

そもそもプリペイドSIMとは何かというと、先に料金を払ってしまいその分だけ使える「使い捨て感覚のSIM」です。携帯電話版のテレホンカードとでも言いましょうか。

 

大手キャリアとの契約と違い、面倒な手続きが不要で、コンビニなどで簡単に購入できます。

 

海外で長期滞在するなら携帯スマホはSIMフリー端末を持っていこう!01

公式サイト:OCN モバイル ONE プリペイド

 

 

上記はOCNモバイルが提供しているのプリペイドSIMで、3,200円(税抜)で1GBのデータ通信を行えて、申し込みから3ヶ月後の月末まで、最大4ヶ月間使えます。

 

少なく見積もっても3ヶ月で3,200円、大手キャリアだと月額8,000円×3ヶ月=24,000円はかかる事を考えると、もの凄い節約が可能と分かります。

もちろん、3ヶ月で1GBも容量を使わない、あまり携帯電話を使用しない方の場合ですが。

 

 

海外用プリペイドSIM

OCNモバイルの物は日本国内用ですが、海外でも利用できるのが海外用プリペイドSIMです。

 

基本的な使い方は国内用と同じで、最初に容量を購入、または料金をチャージして、その分だけネットが出来るようになります。

例えば10,000円で1GBを購入しておけば、有効期間(1ヶ月程度)は容量が残っている限り、追加料金なしで利用できるのです。

 

普通に携帯電話を海外に持っていき、国際ローミングをした場合は、最低でも1,980円×30日=59,400円もかかってしまいますから、海外用プリペイドSIMがどれだけ低コストか分かります。

 

なにより、最初にお金を払っておく仕組みなので、後から高額請求が来るという危険性が有りません。

 

この海外用プリペイドSIMは、amazon等の通販サイトで気軽に購入できます。

 

 

○アメリカ Ready プリペイド SIM アクティベーションが簡単! (通話とSMS、データ通信500MB 7日間)

 

また、海外の空港でもだいたい販売しています。下記はアメリカ・ニュージャージー州の空港にあるSIM自働販売機の写真です。

 

海外で長期滞在するなら携帯スマホはSIMフリー端末を持っていこう!03

出典:midorico.jp/

 

このように、現地(特定の地域)で使えるSIMを購入するのが一番安上りなのですが、複数の国で使えるSIMも販売しています。

プリペイドSIMの利用方法を含め、詳しくは下記の記事をご覧下さい。

 

 

あわせて読みたい

 

 

 

おすすめの海外向けSIMフリー端末

便利なプリペイドSIMですが、利用には1つ注意点があります。

それはSIMフリー端末でないと使えないという事です。

 

大手キャリアで購入した端末は、その会社でしか使えないようにSIMロックがかけられているため、プリペイド式を含めて他社のSIMカードを使えないのです。

 

一応、手数料3,000円を支払えばSIMロックの解除が可能ですが、それも2015年5月以降に発売された、比較的新しい機種に限られます。

 

そこで、SIMフリー端末を持っていない方に、海外での利用に向いたおすすめの機種をご紹介致しましょう。

 

 

○ZenFone Go

 

SIMカードを差せるスロットが2つある「デュアルSIM」機能を搭載しているため、日本用と海外用のSIMを同時に、またはアメリカ用とイギリス用を同時にといったように、複数のSIMを使えるので、一々差し替える手間がいりません。

 

価格も手ごろで、海外旅行先で使うのにおすすめのスマホです。

 

 

○Moto X Play

 

こちらもデュアルSIM搭載の機種ですが、一番の特徴は2,000万画素もあるメインカメラ

 

旅行先の思い出を綺麗に保存したいという方には最適です。

CPU:1.7Ghz 8コア、メモリ:2GBと処理速度も速く、ゲームや動画がサクサク動いてくれるのも長所です。

 

 

○iPhone SE

海外で長期滞在するなら携帯スマホはSIMフリー端末を持っていこう!06

・価格:16GB・47,800円、64GB・59,800円

 ⇒iPhone SEを購入|Apple

 

 

ご存じAppleから発売された小型軽量の最新iPhoneです。

大手キャリアで購入するとSIMロックが掛かっているiPhoneも、Apple公式サイトで購入すると最初からSIMフリーとなっています。

 

デュアルSIM等の特別な海外向け機能は無いのですが、全世界で愛用されているiPhoneですから、どこに持っていっても、どんなプリペイドSIMでも使えるという安心感は一番でしょう。

 

2016年9月には待望のiPhone 7が発売されると噂されていますし、そちらを待つのも良いかもしれません。

 

 

まとめ

短期の渡航なら国際ローミング、海外WiFiレンタルなども良いのですが、長期滞在ならやはり海外用プリペイドSIMのコストパフォーマンスが一番です。

 

日本に戻った時も大手キャリアはもちろん、格安SIMでも使えますし、1台はSIMフリー端末を用意しておくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク



関連記事

  1. スマホ 【厳選!】海外旅行に役に立つ便利なおすすめ無料スマホアプリ11選…
  2. %e4%bb%ae%e6%83%b3%e7%8f%be%e5%ae%9f VRよりもスゴい?iPhone 8に搭載と噂のMR(複合現実)と…
  3. apple-pay 【iPhone 7】3分でわかるApple Payの仕組み!メリ…
  4. 満足 顧客満足度1位の「ソフトバンク光」!評判が悪かったが現在は汚名返…
  5. 最新機種「iPhone SE」は小型軽量でiPhone6sと同等のスペック!01 【3月31日発売】最新機種「iPhone SE」は小型軽量でiP…
  6. ソフトバンクの 防水・防塵・耐衝撃スマホ「DIGNO F」情報まとめ01 2016年夏モデル!ソフトバンクの 防水・防塵・耐衝撃スマホ「D…
  7. タブレットを見る男性 シニア向けのスマホ料金プランはどこがお得か徹底比較!ドコモ・au…
  8. iPhone iPhone 7は買わずに2017年のiPhone 8まで待った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. 格安スマホがヨドバシカメラでも購入可能!おすすめの端末は?01
  2. ソーシャル
  3. テクノロジーグローバル
  4. app-store
  5. android

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較

PAGE TOP