IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

iPhone 7のイヤホン端子廃止は、Apple Musicが2016年からハイレゾ対応が理由か

音楽

数々のリーク情報から考えて、iPhone 7でイヤホン端子が廃止されるのは確定のようです。では何故、廃止されるのかというと、当初はiPhoneの薄型化が目的と見られてきました。

 

しかし、ここで別の可能性が浮上してきたのです。それは、iPhoneおよびApple Musicがハイレゾ音源の対応を開始するからというものです。

 

スポンサーリンク


ハイレゾ音源とは?

そもそも、「ハイレゾ音源」とは何かというと、簡単に言えば「凄く音質の良い音源(データ」です。

 

CD音源、またはMP3音源などは、人間の耳には聴き取れない非可聴帯域を切り取る事で、容量を削減しています。

 

iPhone 7のイヤホン端子廃止は、Apple Musicが2016年からハイレゾ対応が理由か01

出典:app-review.jp/

 

しかし、耳では聴き取れていなかった非可聴帯域も、脳や体が感じ取っており、また可聴帯域は人によっても少し違うため、非可聴帯域も含んだ音源の方が心地よく聴こえる事が近年の研究で明らかになりました。

生演奏やアナログレコードの音が、CDやMP3よりも良く聴こえるのも、これが原因だったのです。

 

また、デジタル音源はオリジナルのアナログ音源をデジタルデータ化するさい、容量削減のために荒くなっていたのですが、ハイレゾ音源はCDの約1000倍も細かく、アナログにより近い音を再現しているのです。

 

iPhone 7のイヤホン端子廃止は、Apple Musicが2016年からハイレゾ対応が理由か02

出典:hd-music.info/

 

このように、既存の音源より音域と音質を上げて、美しい音色を実現したのがハイレゾ音源なのです。

ただし、データが細かくなった分、容量も3~7倍にまで増えるというデメリットもあります。

 

iPhone 7のイヤホン端子廃止は、Apple Musicが2016年からハイレゾ対応が理由か03

出典:hd-music.info/

 

 

Appleはハイレゾ未対応

CDの普及以降、何十年ぶりに訪れた音楽業界の大改革とも言われるハイレゾ音源ですが、残念な事に2016年7月現在、Apple Music」では配信しておりません

 

大勢のユーザーがハイレゾの配信を望んでいるのですが、前述のようにハイレゾ音源は容量が大きく、CDの3~7倍、MP3とは30~70倍も違ってきます。

それは音楽配信サイトのサーバーにかかる負担も30~70倍になるという事です。

 

世界的な大手のApple Musicだけに、サーバー増設にかかる費用も桁違いですから、なかなかハイレゾ対応に踏み切れなかったのでしょう。

 

ですが、iPhone 7がイヤホン端子を廃止して、ハイレゾ対応に舵を取ったという事から、Apple Musicもついにハイレゾ対応に乗り出したのではないかと期待されているのです。

 

 

イヤホン端子廃止とハイレゾの関係

「でも、iPhone 7がイヤホン端子を廃止したからといって、何でハイレゾの話になるの?」と疑問に思った方も多いと思います。

それは何故かというと、ハイレゾ音源を効くには対応のヘッドフォンが必要だからです。

 

 

 

従来のヘッドフォンは、MP3などの非可聴帯域を切り取った音源を再生する事に特科していました。つまり、非可聴帯域を再生できるように作られていないのです。

 

今までは再生できない無駄な音域でしたから、省いてコストダウンを図るのは当然だったのですが、それがハイレゾ音源の登場により仇となってしまいました。

 

これからハイレゾ音源が普及するにつれて、ヘッドフォンもハイレゾ対応に切り替わっていきます。

 

ですから、旧来のヘッドフォン用に残していたイヤホン端子を廃止し、これからはLightning端子でハイレゾ対応のヘッドフォンを使ってね、というのがAppleの意向だと考えられたわけです。

 

 

内臓ストレージもハイレゾ対応

また、少し前に価格と共にリークされた情報よると、iPhone 7は内臓ストレージの容量を32GB256GBに増設したようです。

 

関連記事:中国でのiPhone 7Proの値段情報がリーク!最高額モデルは約14万円!?

 

 

これも、大容量のハイレゾ音源を沢山持ち歩けるように加えられた変更点の可能性が高いのです。

 

これらの情報から、iPhone 7はハイレゾ音源に対応し、iPhone 7に音源を提供するApple Musicも、当然ながらハイレゾの配信を開始すると考えられたわけです。

 

 

まとめ

もちろん、これはあくまで噂であり、Appleの公式発表はまだ一切ありません。

 

しかし、これからハイレゾ音源が主流になっていくのは間違いなく、iPhoneやApple Musicもいずれはハイレゾ対応を迫られるでしょう。

 

それが今年のiPhone 7になるのか、それとも2017年のiPhone 8になるのかは分かりませんが、出来れば早く対応して頂きたいものです。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

スマホを安く賢く運用するための格安SIM選び

王冠 楽天モバイル

www

これから格安SIMを始めたい方にオススメです。同時購入できる格安SIM対応端末は20種類以上と豊富です。9,800円の格安モデルから、64,800円の高性能モデルまで幅広く選べます。しかも、初期設定まで済ませてくれるので、買ったらすぐに使用可能!

 

他にも、通話する方にうれしい、通話料金を安く抑えられる「5分かけ放題オプション」が用意されています。楽天市場を利用している方ならポイントがたまりますので、楽天モバイルを選んでおけば損はしないでしょう。

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

王冠 mineo(マイネオ)

www

auとドコモ、2つのキャリアに対応!そして、家族で利用する場合にお得なサービスが充実しています。家族でmineoと利用していると、繰り越した分のデータ容量を家族みんなで分けられます。しかも、毎月50円が割引に!最低利用期間や解約金が一切なく、使ってみて気に入らなかったらすぐに解約できるので安心!

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

王冠 UQ mobile

www

UQ mobileの最大の売りは速い通信速度で、利用する人の少ない時間帯はなんと20Mbpsもの速度が出ます。混雑する時間帯でも2Mbps出るので動画が止まらず快適に視聴可能!

 

SMSやデザリング機能が最初から無料で使えるのもお得です。月額料金は980円からと他社に比べて割高ですが、少しでもネットの快適さを求める方にはオススメです。

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

王冠 おとくケータイ.net

www

ソフトバンクに乗り換えるなら、おとくケータイ.netがお得です。公式ショップでは廃止されてしまった、高額キャッシュバックが今ならまだ受け取れます!

 

取り扱い機種は、XPERIAやnexus、Galaxyなどの最新スマホから、ガラケーまで様々。手続きはネットからの申し込みと書類の郵送で済むから来店不要!忙しくて時間のない方でも気楽です。

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較