Android

スマホの2台持ちはメリットだらけ!? 毎月4,000円を節約できる方法

スマホ2台

「スマホを2台持ち歩いている」と言ったら、多くの方が「何でそんな無駄な事をしてるの?」と思われるでしょう。

 

しかし、スマホの2台持ちは無駄ではありません。むしろ毎月4,000円の節約に繋がるのです!

 

特にスマホで毎日長電話をするという方は必見です。

 

スポンサーリンク


大手キャリアと格安SIMの併用

どうして節約になるかと言うと、2台のスマホで大手キャリアと格安SIMを使って、互いの良いとこどりをするからです。

まずは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と格安SIMの違いを見てみましょう。

 

 

 

大手キャリア

格安SIM

データ通信料

高い(4,000~20,000円)

安い(500~3,000円)

通話料金

安い(かけ放題プラン:3,000円前後)

高い(かけ放題は無し、20円/30秒)

 

このように、互いに短所と長所が真逆になっています。

ですから、大手キャリアは電話用、格安SIMはデータ通信用にすると、電話をかけ放題のままデータ通信料を安くする事が可能なのです。

 

 

2台持ちのメリット

具体的に料金を比べてみましょう。

まずはスマホ1台のみで、ドコモで「電話かけ放題」「データ・5GB」のプランを選んだ場合の料金を見て下さい。

 

 

ドコモ料金

通話料金

カケホーダイプラン:2,700円

データ通信料(パケットパック)

データMパック(標準)(5GB):5,000円

インターネット接続サービス

spモード:300円

合計料金

月額:8,000円

 

毎月8,000円の出費とかなりの痛手です。

 

続いてスマホ2台持ちの場合です。まずドコモで「カケホーダイプラン」で契約した後に、お近くのドコモショップに行って「パケットパック」と「spモード」を解約しましょう。

すると、ネットは出来ないけれど電話はかけ放題のスマホが出来ます。

 

 

ドコモ料金

通話料金

カケホーダイプラン:2,700円

合計料金

月額:2,700円

 

次に2台目の格安SIMを契約します。

今回は格安SIM業界でも最安値を誇る「DMM mobile」で、通話のみの「データSIM・5GB」を契約したとします。

 

 

DMM mobile

データ通信料

データSIM 5GB:1,210円

合計料金

月額:1,210円

 

ドコモのデータMパックと同じ5GBでありながら、なんと月額3,790円も割安なのです。電話のみのスマホと合わせても月額3,910円と、1台だけの時より料金が半額で済みます。

 

上記では5GBと容量が少な目のプランを選びましたが、これが大容量の20GBプランなどになると、料金の差はもっと開きます。

 

  • ドコモ・シェアパック20(大容量)(20GB):16,000円
  • DMM mobile・データSIM 20GB:4,980円

 

その差1万円以上と、スマホで大容量のデータをやり取りする人ほど、通話専用の大手キャリア、データ通信専用の格安SIMと、2台持ちした方がとてもお得なのです。

 

あと細かなメリットですが、2台持ちをしていると電話をしながらネットで地図検索をするといった、同時操作が可能になります。

忙しいビジネスマンの方などは、特に重宝するのではないでしょうか。

 

 

2台持ちのデメリット

料金面ではメリットだらけの2台持ちですが、当然ながらデメリットも存在します。

 

  • 料金の管理が2回線分
  • 端末代金が2台分必要
  • 2台持ち歩くので荷物になる
  • 充電が2台分と面倒
  • 電話帳の管理が手間

 

料金の管理が2回線分

大手キャリアと格安SIM、2つの会社と契約する事になるので、料金の引き落としも2つの会社から行われるようになります。

家計簿をつけている方等にとっては、少々計算が面倒になるかもしれません。

 

 

端末代金が2台分必要

当然の話ですが、スマホが2台必要になるので、その分のお金が掛かります。

とはいえ、通話専用に使うスマホは低スペックで十分ですから、新品でも6,000円ほど、中古なら3,000円くらいで手に入りますから、そこまで気にする必要はありません。

 

 

○Acer Liquid Z200

 

 

2台持ち歩くので荷物になる

常に2台を持ち歩く必要があるので、荷物が増えて重くなります。

 

 

充電が2台分と面倒

充電の手間と電気料金も当然2倍になります。

 

 

電話帳の管理が手間

これが一番のデメリットかもしれません。

誰かに連絡先を教えて貰った時、電話番号は通話専用の方に、メールアドレスはデータ通信専用の方にと、一々両方で行う必要があります。

また、しっかりとデータを管理しておかないと、「あの写真、どちらのスマホで撮ったっけ?」といった感じで、保存場所で混乱してしまいます。

 

 

まとめ

スマホが2台に増える事で、若干手間が増えるものの、毎月約4,000円の節約は大きいです。

 

あまり電話を使わない方でしたら、そもそも格安SIM一本に絞るのが一番なのですが、電話を多用する方は大手キャリアは通話専用、格安SIMはデータ通信専用と、使い分けてみるのをおすすめします。

 

スポンサーリンク



関連記事

  1. iPhone iPhone 7/Plus発売まで待つべきか?それともiPhon…
  2. ポケモンGOの通信料無料!新プラン「DTI SIM ノーカウント」の詳細と注意点01 ポケモンGOの通信料無料!新プラン「DTI SIM ノーカウント…
  3. iphone iOS10.2の不具合は?シャッター音やスクショ音などのアップデ…
  4. %e4%bb%ae%e6%83%b3%e7%8f%be%e5%ae%9f VRよりもスゴい?iPhone 8に搭載と噂のMR(複合現実)と…
  5. %e7%88%86%e7%a0%b4 iPhone7 Plusでもバッテリー爆発事故が発生!原因はリチ…
  6. 気づき 危険!?中古iPhoneを購入する際の3つの注意点まとめ
  7. MVNO 一目で分かる!格安SIMカードのプラン11社を徹底比較
  8. 世界最速!NURO光の評判やメリット・デメリットまとめaa 【おうち割 光セット】どちらがお得?ソフトバンク光とNURO光を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. ソーシャル
  2. テクノロジーグローバル
  3. app-store
  4. android
  5. 格安スマホ

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較

PAGE TOP