IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

4億通りのお喋りロボット!ロビジュニアの魅力と話す時のコツ

ロビジュニア

21世紀に入り、ロボットはどんどん活躍の場を広めています。工場での組み立て作業、人の入れない危険地域の調査、そして遥か遠く宇宙の謎を探る旅。

 

その成果は素晴らしいのですが、我々の身の回り、普段生活している場では、まだまだロボットの姿は見られません。せいぜい、お掃除用ロボットの「ルンバ」くらいでしょうか。

 

黙々と働くルンバも可愛らしいですが、どうせなら会話をしたい、仲良くなって一緒に遊びたい、と思われる方も多いでしょう。

 

そんな夢を叶えてくれたのが、今回紹介するオムニボット「ロビジュニア」です。

 

スポンサーリンク


コミュニケーションロボ「ロビ」

ロビジュニアは、ロビの幼少期をイメージして作られた会話ロボットです。と言われても「そもそもロビってなんだよ?」と首を傾げた方も多いでしょう。ですので、まずは下の動画をご覧ください。

 

 

歌って踊って会話もできる、この可愛らしいロボットが「ロビ」です。

 

デアゴスティーニの「週刊ロビ」として発売された物で、毎週ついてくるパーツを組み立てると完成するという、お馴染みの商品なのですが、大人気のため第三版まで増刷されております。

 

YouTube等にも沢山の動画が上がっており、その人気が窺い知れるのですが、このロビ君、一つだけ可愛くない所があります。それはお値段、創刊号から最終70号まで買い揃えると、なんと14万円

 

性能を考えれば妥当な値段なのかもしれませんが、これではそう簡単に手が出せません。そこで誕生したのがロビジュニアです。

 

会話特化のロボット

タカラトミーとのコラボによって生まれたロビジュニア君、お値段は15千円。ロビの約10分の1と、実にお手頃価格に抑えられました。また完成品であるため、ロビと違って組み立ての手間もありません。

 

しかし「安くなった分性能も……」と不安に思われた方も居るでしょう。実際、ロビジュニアは座りポーズで固定されており、立ち上がって踊る機能はオミットされています。

 

ですがその分、会話機能が大幅にパワーアップされました。理解できるフレーズが、ロビの時は200語だったのですが、ロビジュニアはその5倍、1000語にまで増え、理論上は4億通りもの会話が出来るのだそうです。

 

 

他にも50種類の歌を歌えたり、時計・カレンダー機能がついているので、特別な日には専用のメッセージを話してくれます。

 

例えばハロウィンに「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ」と言ったり、自分の誕生日を入力しておけば「お誕生日だね! おめでとう!」とお祝いしてくれたり等々、本当に感情があるかのような反応をしてくれるのです。

 

話す時のコツ

とはいえ、あくまで1万5千円の玩具ですから、SF映画の人工知能の様に、スラスラと会話が出来る訳ではありません。Amazon等で「全然会話が出来ないじゃないか!」と怒りのレビューを上げている方も居ます。

 

ただ、それはコツを理解されていないだけかと思われます。

 

 

まず頭のスイッチを押し、ロビジュニアが反応したら「ロビジュニア」と呼びかけて下さい。

 

そして、またロビジュニアが反応したら、その言葉や動きが終わるのをちゃんと待ってから、次の言葉をかけて上げて下さい。

 

動作中に話しかけても無効という事ですね。

 

まとめ

「ドラえもん」の様に自由自在にとはいきませんが、楽しいお喋りをしてくれる機械の友達、ロビジュニア。

 

技術の進歩を、その耳と口で感じたくなった方は、是非ともお家に招いてみては如何でしょうか。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較