IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

格安SIM「nuroモバイル」の料金プランやメリット、デメリットまとめ

%e6%a0%bc%e5%ae%89sim%e3%80%8cnuro%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%84%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%81%e3%83%87

2016年10月1日、ソニーネットワークコミュニケーションズが前身の「So-net モバイル LTE」の名称変更を行い、新たな格安SIM「nuroモバイル」を開始しました。

 

面白い事になんと無料で使えるSIMカードの提供を行っています!そんなnuroモバイルの料金プランや特徴を、詳しく解説致します。

 

スポンサーリンク


nuroモバイルの料金と特徴

まずはnuroモバイルの通常料金を見てみましょう。

 

 

容量

データ通信の月額料金

2GB

700円

3GB

900円

4GB

1,100円

5GB

1,300円

6GB

1,500円

7GB

1,700円

8GB

1,900円

9GB

2,100円

10GB

2,300円

・SNS付:+150円

・SNS+通話付:+700円

 

 

1GBごとに200円増えていくという、実にシンプルで分かりやすい料金となっています。

 

業界最安値を誇るDMM mobileが「2GB:770円」ですから、2GBプランだけ見ればDMM mobileを超える最安値です。

他のプランもかなり値段が控えめで、格安SIMの中ではとても安くてお得なサービスといえます。

 

また、「データ容量変更無料」のため、容量が足りなくて大きなプランに変えたい時も、逆に容量が余るので料金を節約したい時も、簡単に最適なプランに変えられます。

 

その他、データ容量の「翌月繰り越し」が可能なため、余った容量も無駄なく使えます。

 

 

セット販売端末

nuroモバイルはスマホ本体のセット販売も行っています。

 

 

 

ASUS ZenFone 3

富士通 ARROWS M03

ZTE Blade E01

サイズ

146.8×73.9×7.69mm

144×72×7.8mm

142.5×71×7.8mm

重量

144g

141g

155g

画面

5.2型Super IPS+液晶

(1920 × 1080)

5.0インチHD IPS液晶

(720×1280)

5.0インチHD

(720×1280 )

CPU

Qualcomm Snapdragon 625

2.0GHz 8コア

MSM8916 1.2GHz 4コア

MT6735P 1.0GHz 4コア

メモリ

3GB

2GB

1GB

記憶容量

32GB

16GB

8GB

カメラ

前面:1,600万画素

背面:800万画素

前面:1,310万画素

背面:500万画素

前面:800万画素

背面:500万画素

価格

月額1,917円×24回

(46,800円)

月額1,417円×24回

(34,008円)

月額583円?24回

(13,992円)

 

処理速度に優れたZenFone 3、防水防塵機能で頑丈なARROWS M03、安価なBlade E01と、種類は3つと少ないものの、使い道に合わせた端末が揃っています。

 

 

毎月500MBまで無料の「0SIM」

このように、料金も安くて端末も揃っているnuroモバイルですが、これだけなら他の格安SIMとそう大差はありません。

一番の違いであり最大の長所は毎月500MBまで無料の「0SIM」プランが存在する事です!

 

「そんな事をして採算が取れるの!?」とこちらが心配になってしまいますが、本当に月間通信量が500MB未満の時は無料なようです。

 

500MBを超えた場合は100MBごとに100円(税抜)がかかるため、大量のデータをやり取りする方だと、普通の2GBプランより料金がかさんでしまいますが、「連絡用に持っているだけで、スマホでネットは使わない」という方なら無料で済むのです。

 

%e6%a0%bc%e5%ae%89sim%e3%80%8cnuro%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%84%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%81%e3%83%87

出典:mobile.nuro.jp/

 

ただ、データ通信の月額料金は無料ですが、SMSや通話を使う場合は別途料金が必要ですし、初回の事務登録手数料も必要です。

 

  • データ+SMSプラン:月額150円
  • データ+音声プラン:月額700円+通話20円/30秒
  • 初期費用(登録事務手数料):3,394円

 

あと注意点として、0SIMは毎月「0のつく日」しか申し込みできません

 

%e6%a0%bc%e5%ae%89sim%e3%80%8cnuro%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%96%99%e9%87%91%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%84%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%81%e3%83%87

出典:mobile.nuro.jp/

 

10日、20日、30日と、1月に多くても3回しか申し込みの機会がない、特別なサービスなのです。

 

また、1人様1枚までで、法人契約は不可能という制限もあります。

とはいえ、「ケータイをあまり使わないので料金を節約したい」という方には、これ以上ない最高のプランでしょう。

 

 

まとめ

普通のプランも比較的安くておすすめですが、やはり一番の目玉は無料の0SIMプランです。

 

あまり人数が増えすぎると受付を終了する場合もあるそうですので、お申し込みはお早めにしましょう。

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

スマホを安く賢く運用するための格安SIM選び

王冠 楽天モバイル

www

これから格安SIMを始めたい方にオススメです。同時購入できる格安SIM対応端末は20種類以上と豊富です。9,800円の格安モデルから、64,800円の高性能モデルまで幅広く選べます。しかも、初期設定まで済ませてくれるので、買ったらすぐに使用可能!

 

他にも、通話する方にうれしい、通話料金を安く抑えられる「5分かけ放題オプション」が用意されています。楽天市場を利用している方ならポイントがたまりますので、楽天モバイルを選んでおけば損はしないでしょう。

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

王冠 mineo(マイネオ)

www

auとドコモ、2つのキャリアに対応!そして、家族で利用する場合にお得なサービスが充実しています。家族でmineoと利用していると、繰り越した分のデータ容量を家族みんなで分けられます。しかも、毎月50円が割引に!最低利用期間や解約金が一切なく、使ってみて気に入らなかったらすぐに解約できるので安心!

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

王冠 UQ mobile

www

UQ mobileの最大の売りは速い通信速度で、利用する人の少ない時間帯はなんと20Mbpsもの速度が出ます。混雑する時間帯でも2Mbps出るので動画が止まらず快適に視聴可能!

 

SMSやデザリング機能が最初から無料で使えるのもお得です。月額料金は980円からと他社に比べて割高ですが、少しでもネットの快適さを求める方にはオススメです。

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

王冠 おとくケータイ.net

www

ソフトバンクに乗り換えるなら、おとくケータイ.netがお得です。公式ショップでは廃止されてしまった、高額キャッシュバックが今ならまだ受け取れます!

 

取り扱い機種は、XPERIAやnexus、Galaxyなどの最新スマホから、ガラケーまで様々。手続きはネットからの申し込みと書類の郵送で済むから来店不要!忙しくて時間のない方でも気楽です。

 詳細ページへ

 公式サイトへ

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較