Android

【FREETEL】大容量バッテリースマホ「RAIJIN 雷神」のスペックや価格、発売日まとめ

%e3%80%90freetel%e3%80%91%e5%a4%a7%e5%ae%b9%e9%87%8f%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%80%8craijin-%e9%9b%b7%e7%a5%9e%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%9a

どんなに高性能なスマホも、電池が切れればただの箱になってしまいます。

 

それだけに、スマホには長時間の使用が可能なバッテリーが求められるのですが、FREETELからなんと5,000mAhの超大容量バッテリー端末「RAIJIN 雷神」201612月に発売される事になりました!

 

この驚異的なスタミナを誇るRAIJINの性能を、詳しくご紹介いたします。

 

スポンサーリンク


RAIJINの性能

まずはRAIJINのスペックを、サイズが近いAppleのiPhone7 Plusと比較しながら見てみましょう

 

 

 

RAIJIN

iPhone7 Plus

サイズ

153×76×8.7mm

158.2×77.9×7.3mm

重量

183g

188g

液晶画面

5.5インチ FDH 1,920×1,080

5.5インチ 1,920×1,080  401ppi

CPU

MT6750T 8コア Cortex-A53

 (1.5GHz×4 + 1.0GHz×4)

Apple A10 Fusion 2.33GHz 2+2コア

メモリ

4GB

3GB(LPDDR4)

記憶容量

64GB(Micro SD 128GB)

32GB、128GB、256GB

カメラ

背面:1,600万画素

前面:800万画素

背面:1,200万画素×2

前面:700万画素

バッテリー

5,000mAh

2,675mAh

価格

29,800

85,800~107,800円

 

大型バッテリーを搭載したため厚めなのが気になりますが、重量や画面のサイズ、解像度はほぼ同じです。

 

CPUは高負荷時に使用する1.5GHz×4と、低負荷時に使用する1.0GHz×4の2種類に分かれており、消費電力を抑える設計となっています。

 

処理速度があまり高くないのは気がかりですが、3万円代でありながら4GBもの大容量メモリを積んでいるため、重いゲームアプリも問題なく動いてくれるでしょう。

 

内臓ストレージは64GBと大きく、Micro SD カードにも対応しているので、大量の動画やハイレゾ音源を持ち歩くような方も安心です。

 

カメラは流石にiPhone7 Plusのデュアルカメラには劣るものの、背面1,600万画素、前面800万画素と十分な性能を持っています。

 

そして最大の特徴であるバッテリーは、iPhone7 Plus2倍近くもある5,000mAhです。

 

稼働時間はバッテリーだけでなく、CPUや液晶画面、OSやアプリなど複数の要因によって決まるため、実際に動かしてみないと断言はできませんが、それでも従来のスマホを遥かに凌駕するスタミナを見せてくれるでしょう。

 

最後に価格ですが、iPhone 7 Plusの1/3である約3万円と、スペックに対して凄まじいコストパフォーマンスを誇っています。

 

外見よりも安さとパワーを求める方には、最適のスマホではないでしょうか。

 

 

RAIJINの特徴

カタログスペック以外のRAIJINの長所、短所を見てみましょう。

 

  • OSはAndroid 7.0 Nogat
  • 背面に指紋センサー搭載
  • デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応
  • SDカードはmicroSIMと共有
  • au回線は非対応

 

OSはAndroid 7.0 Nogat

同時に発表された「SAMURAI KIWAMI(極)2」と違い、OSは最初からAndroid 7.0がインストールされています。

 

OSのアップデートは何かと問題が起きやすいので、最初から最新OSが入っているのは助かりますね。

 

 

背面に指紋センサー搭載

最近のスマホには標準装備となりつつある、指紋センサーが搭載されているので、触れるだけで簡単にロック解除できる手軽さと、高いセキュリティーを兼ね備えています。

 

%e3%80%90freetel%e3%80%91%e5%a4%a7%e5%ae%b9%e9%87%8f%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%80%8craijin-%e9%9b%b7%e7%a5%9e%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%9a

出典:www.freetel.jp/

 

 

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応

RAIJINはMicroSIM+NanoSIMと2つのSIMスロットを搭載しており、2枚のSIMが同時に待ち受けできるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応しています。

 

これを使うと、例えば通話用のドコモSIMと、ネット用の格安SIMといったように、2種類のSIMを差し替えたりする手間もなく、簡単に使い分けられるのです。

 

 

SDカードはmicroSIMと共有

ただ、RAIJINのSIMスロットは2つしかないので、DSDSで2つのSIMスロットを使用していると、データ保存用のMicroSDを物理的に挿せないという問題が出てきます。

 

DSDSもMicroSDも両方を常に使うという方は少数派だと思いますが、念のためご注意ください。

 

 

au回線は非対応

そして一番の注意点がこちらです。RAIJINは下記の周波数帯に対応しており、ドコモやソフトバンクのSIMならばどれでも使えます。

 

〇RAIJINのネットワーク(周波数帯)

  • 2G(GSM): B2/3/5/8
  • 3G(WCDMA): B1/5/6/8/19
  • 4G(FDD): B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
  • 4G(CA): B3/19,B1/19

 

ただし、auの通話などで使われる3G規格「CDMA2000」は対応していないため、auおよびau系の格安SIMでは通話が一切できないのです。

 

また、auのLTE通信に使われるBand18も非対応のため、高速通信もほぼ使えません。au回線をお使いの方は、間違って購入しないようお気を付け下さい。

 

 

まとめ

au回線では使えない、DSDSとMicroSDの併用は不可能など、いくつか注意点はありますが、3万円台で4GBメモリと5,000mAhバッテリーというコストパフォーマンスの高さは確かです。

 

安くで長時間使えるスマホをお求めの方には、最適の機種といえるでしょう。

 

スポンサーリンク



 

スマホを安く賢く運用するための格安SIM選び

王冠 楽天モバイル

www

これから格安SIMを始めたい方にオススメです。同時購入できる格安SIM対応端末は20種類以上と豊富です。9,800円の格安モデルから、64,800円の高性能モデルまで幅広く選べます。しかも、初期設定まで済ませてくれるので、買ったらすぐに使用可能!

 

他にも、通話する方にうれしい、通話料金を安く抑えられる「5分かけ放題オプション」が用意されています。楽天市場を利用している方ならポイントがたまりますので、楽天モバイルを選んでおけば損はしないでしょう。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

王冠 mineo(マイネオ)

www

auとドコモ、2つのキャリアに対応!そして、家族で利用する場合にお得なサービスが充実しています。家族でmineoと利用していると、繰り越した分のデータ容量を家族みんなで分けられます。しかも、毎月50円が割引に!最低利用期間や解約金が一切なく、使ってみて気に入らなかったらすぐに解約できるので安心!

詳細ページへ

公式サイトへ

 

王冠 UQ mobile

www

UQ mobileの最大の売りは速い通信速度で、利用する人の少ない時間帯はなんと20Mbpsもの速度が出ます。混雑する時間帯でも2Mbps出るので動画が止まらず快適に視聴可能!

 

SMSやデザリング機能が最初から無料で使えるのもお得です。月額料金は980円からと他社に比べて割高ですが、少しでもネットの快適さを求める方にはオススメです。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

王冠 おとくケータイ.net

www

ソフトバンクに乗り換えるなら、おとくケータイ.netがお得です。公式ショップでは廃止されてしまった、高額キャッシュバックが今ならまだ受け取れます!

 

取り扱い機種は、XPERIAやnexus、Galaxyなどの最新スマホから、ガラケーまで様々。手続きはネットからの申し込みと書類の郵送で済むから来店不要!忙しくて時間のない方でも気楽です。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

 

関連記事

  1. %e3%80%90%e3%82%bd%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%80%91xperia-xz%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%84%e4%be%a1%e6%a0%bc%e3%80%81%e7%99%ba%e5%a3%b2%e6%97%a5%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%8101 【ソニー】Xperia XZのスペックや価格、発売日まとめ!iP…
  2. アルバム 思い出をこの手に!フォトブック・写真アルバム作成サービスおすすめ…
  3. iphone iPhone 7/7 PlusとiPhone SEどっちがおすす…
  4. スマホ ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法を徹底解説
  5. スマホをさわる女性 データ通信量が無制限(使い放題)のおすすめ格安SIMを徹底比較!…
  6. スマホ 【2016年版】3万円以下で買えるおすすめSIMフリースマホ端末…
  7. 満足 顧客満足度1位の「ソフトバンク光」!評判が悪かったが現在は汚名返…
  8. スマホとコーヒー 【白ロム】安くておすすめ!mineoやUQ mobileで使える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. UQ mobileを15日間お試し!01
  2. 縛り
  3. UQ mobile
  4. スマホをさわる女性
  5. グラデーション

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較

PAGE TOP