IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

ロボットとスマホの融合!ロボット型携帯電話「RoBoHoN」とは?

ロボット型携帯電話「RoBoHoN」とは?01

2015年10月7日より開催されたエレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2015」にて、驚きの商品が発表されました。それは、ロボットとスマホが一つとなった、新時代の通信端末「RoBoHoN(ロボホン)」です。

 

開発したのは「目の付け所がシャープ」でおなじみのSHARP株式会社。人工知能によって喋って動く、SHARPらしい実に先進的なスマホです。

 

 

 

 

スポンサーリンク


ロボホンのスペックは?

気になる性能に関しては、以下の通りです。

 

  • 身長:約19.5cm
  • 体重:約390g
  • 通信方法:3G/LTE/Wi-Fi(802.11b/g/n)
  • CPU:MSM8926 1.2GHz(4コア)
  • ディスプレイ:約2.0インチ(QVGA)
  • 基本機能:通話、メール、アプリ、検索、カメラ、プロジェクター、音声認識、顔認識、歩行、起き上がり

 

掌より少し大きいくらいのサイズで、通話やメールなど、スマホ本来の機能は全て搭載されています。特に面白いのがプロジェクター機能で、額の投影装置によって、好きな所に画像や動画を映し出せるのです。

 

ロボット型携帯電話「RoBoHoN」とは?02

出典:www.gizmodo.jp/

 

他にも、こちらの顔を覚えてくれたり、歌や踊りで楽しませてくれたりと、ロボットだからこその機能が山盛りです。

 

ロボット型携帯電話「RoBoHoN」とは?03

出典:robohon.com/

 

 

Robiの兄弟

さて、このロボホンですが、どこかで見覚えがあるという方も多いでしょう。

 

それは勘違いではありません。何故なら、ロボホンをデザインしたのは、あの歌って踊れるロボット「Robi(ロビ)」のデザイナーでもある、高橋智隆さんだからです。

 

ロボット型携帯電話「RoBoHoN」とは?04

出典:monoist.atmarkit.co.jp/

 

デアゴスティーニから発売され、大人気となった組み立てロボットのロビ。ロボホンはその弟であり、スマホの機能が加わった発展型なのです。

 

 

何故人型なのか?

可愛らしく見ていて飽きないロボホンですが、どうして人型ロボットに携帯電話の機能を持たせたのかと、疑問を抱いている方も多いでしょう。

 

その理由は「音声認識を活かすため」なのだそうです。既に数年前から標準搭載されているスマホの音声認識機能ですが、視覚に障害のある方などの役に立ってはいるものの、あまり使われてはいません。

 

「技術的に未熟で、認識ミスが多いから」というのが大方の理由でしょうが、それ以上に「スマホに話しかけるのが恥ずかしい」という感情があるからでしょう。

 

ただの四角い箱に話しかけるのは、壁に向かって独り言を呟くような虚しさがあります。

 

しかし、金魚やクマのぬいぐるみに対してなら、話しかけるのに精神的な抵抗はぐっと少なくなります。

 

だからこそ、ロボホンは可愛らしい人型の姿という、話しかけやすい=音声認識を十全に活かせるロボット・スマホとして誕生したのです。

 

詳しくは下記のサイト様に掲載されている、高橋智隆さんのインタビューをご覧下さい。

 

世界初の人型ロボットスマホ『ロボホン』は次世代の情報端末となるのか? 開発者の高橋智隆さんに聞いてみた

 

 

まとめ

気になる発売日は2016年前半との事で、残念ながら価格と販路はまだ未定です。とはいえ、開発は順調に進んでいるようです。

 

あと一年足らずで、可愛いロボット携帯電話が我が家にも来るのかと思うと、今から待ち遠しいですね。

 

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. That’s a subtle way of thikning about it.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較