IT関連の気になった情報を書いていきます!

menu

ナーグル(Nurgle)

どれで読む?電子書籍リーダー端末を選ぶコツとオススメ機種

本

何千冊でも持ち歩けて、なにより収納スペースを取らない電子書籍。今ではすっかり普及して、もう紙の本を買うのを止めたという方も、かなり増えてきたのではないでしょうか。

 

さて、そんな電子書籍生活を始めようと思った時、問題なのが「どの端末で読めばいいのか?」というもの。

 

専用端末にすべきか、いっそタブレットPCを買うべきか。どちらが良いのか分らず、悩んでしまいがちです。

 

ですが、その答えは実のところ簡単です。貴方が電子書籍で何を、どのくらい読むのか?それによって答えは決まります。

 

小説や漫画など「白黒の文字を長時間読む」のならば専用端末。雑誌や写真集など「カラーの絵を短時間見る」のならばタブレットPCにするべきです。

 

スポンサーリンク


専用端末の特徴

何故かと理由を説明するためには、まず専用端末の特徴を知らねばなりません。

 

Amazonの「Kindle」、楽天の「kobo」といった電子書籍リーダーは、液晶画面のスマホやタブレットPCと違い、「EInk」という技術を使った「電子ペーパー」という表示形式をとっています。

 

電子書籍リーダー端末を選ぶコツとオススメ機種01

出典:ja.wikipedia.org/

 

これはマイクロカプセルに入った白と黒の粒子を、磁力の力で入れ替える事で、画面にインクで描いたかのように、文字や絵を映し出す技術です。

 

難しそうに思えますが、ようは玩具のお絵かきボードを進化させた物です。

 

 

これの何が良いのかと言うと、スマホ等の液晶画面の場合、画面が直接光を放っているため、それを受ける目にかなり負担が掛かってしまいます。最近よく聞く「ブルーライト」による疲れ目などの事ですね。

 

対する電子ペーパーは、文字が直接光っている訳ではないので、太陽や照明の反射光で読む事になります。これは紙の本を読むのと同じですから、目が疲れにくいのです。

 

 

専用端末の欠点

この「疲れず長時間の読書が可能」という点が、専用端末を使う最大の利点です。

 

他には、読書専用で余計な機能が無いので、タブレットPCより遥かに安い、バッテリーが長持ちするといった点も上げられます。

 

ただ、欠点もあります。EInkの特性上「白黒しか描画できない」のです。カラーが主体の雑誌や写真集、図鑑などは全滅ですし、漫画やライトノベルの表紙なども、全て白黒でしか見られません。

 

カラー表示が可能な専用端末もありますが、それは液晶画面を使っているだけなので、読んでも疲れないという、電子ペーパーの特徴はありません。

 

それならば、少し値段は上がりますが、パソコンとしてネットやアプリも使える、タブレットPCを買った方が便利でしょう。

 

電子書籍リーダー端末を選ぶコツとオススメ機種03

出典:ebook.bamboo-creation.jp/

 

これが最初に言った「白黒を長時間読むなら専用端末」、「カラーを短時間見るならタブレットPC」を選ぶべきという理由です。

 

 

 

売り場から選択

また、専用端末の欠点として「特定のストアでしか本を買えない」というのもあります。KindleならAmazonストア、koboなら楽天ブックスでしか買えません。当然と言えば当然の話ですが。

 

一応、パソコンを経由すれば、他のストアで買った電子書籍や、自分で電子化したPDFファイルも読めますが、最初から複数のストアで買い物が出来て、幾つでも専用アプリで読めるタブレットPCに比べると、どうしても手間が掛かります。

 

「アマゾンor楽天でしか買ってない」という方は専用端末。

 

「既に色々な所で買っている」という方はタブレットPCと、売り場から機種を決めるのもよいでしょう。

 

 

機種紹介

ここからは、専用端末とタブレットPCの中から、オススメの物をご紹介致します。

 

 

○Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

 

Amazonで買った本を読むならば、この専用電子書籍リーダーがオススメです。

 

300ppiの高解像度ディスプレイや、暗い所でも読めるフロントライトなども魅力ですが、最大の特徴は両脇にある「ページめくりボタン」です。

 

これを押すだけでページがめくれるので、画面のタップやスワイプといった、意外と疲れる動作が不要ですし、片手でも楽に読めます。

 

 

○kobo aura H2O

 

楽天ブックス専用の電子書籍リーダーですが、面白いのは完全防水な点。お風呂に入って長時間読んだりしても壊れません。

 

解像度も1430 x 1080(265 dpi)と大きく、暗がりで読めるフロントライトも内蔵されています。

 

 

○iPad Pro

電子書籍リーダー端末を選ぶコツとオススメ機種06

出典:www.apple.com/

価格:約97,000円(予定)

 

2015年11月発売予定のiPad最新モデルです。タブレットPCの代名詞的な存在であるiPadだけあり、その性能は折り紙付きです。

 

文字入力がとても楽になる「Smart Keyboard」や、筆圧や傾きまで検知してくれて、絵を描くのがとても楽しくなる「Apple Pencil」など、オプションも満載です。

 

 

○Surface Pro 4 – 128GB / Intel Core m3

電子書籍リーダー端末を選ぶコツとオススメ機種07

出典:www.microsoftstore.com/

価格:134,784円

 

iPad Proに対抗して、11月12日に発売されるMicrosoftのタブレットPC「Surface」シリーズの最新機種です。

 

本体カバーにもなる「Surfaceキーボード」、筆圧感知の「Surface ペン」は今回も健在です。

 

Windowsパソコンに慣れているのなら、iPad よりこちらの方が扱いやすいでしょう。

 

 

まとめ

著作権の切れた過去の名作を読める青空文庫などもあり、電子書籍を読む機会はどんどん増えてきています。

 

だからこそ、自分の趣味や読書時間に合わせて、最適な端末を選びたいですね。

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

お役立ち情報ピックアップ!

今ならキャッシュバックがもらえる!

格安SIMはこれがオススメ!

おすすめのSIMフリースマホまとめ

格安SIM初心者ガイド

知らなきゃ損!ネット料金の節約術

ビデオオンデマンドならどこでも映画やドラマが見放題!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較