ロボット

30分で空から商品が届く!Amazonの「ドローン配達」が実現間近!?

ドローン

忙しくて買い物に行く暇がない、近くのお店に置いていない珍しい商品が欲しい。

 

そんな人々の願いを叶えてくれた、世界最大の通販サイト「Amazon」が、今度は空に進出しようとしています!

 

といっても、飛行機業界に参入という訳ではありません。道路のように信号や渋滞で滞る事のない、広い空を使った配達「Amazon Prime Air」サービスの事です。

 

これは、近年大人気となった無人飛行機「ドローン」を使った、まさに新世代の配送システムなのです!

 

Amazonの「ドローン配達」が実現間近!?01

出典:www.amazon.com/

 

スポンサーリンク


注文から到着まで30分

「そんなSFみたいな話、無理に決まってるだろ」と思われた方は、下の動画をご覧ください。

 

 

 

「Prime Air 30 Minute Delivery」で商品を購入した瞬間、倉庫でピッキングされた商品が、プラスチックケースに入れられ、それをドローンが掴んで飛び、自宅まであっという間に届けてくれるのです。

 

無論、これはサービス内容を分り易く説明するために撮られた映像で、ドローン配送のシステムが既に完成している訳ではありません。

 

ですが、今まで夢でしかなかった無人飛行機による配送が、手の届く現実であるという事は、よく実感できたのではないでしょうか。

 

 

配達ドローンの性能

この配達用ドローン、運べる重さは約2.3kgと少な目ですが、ネジやパソコンのパーツなど、小物が急ぎで欲しい時には、とても重宝しそうです。

 

また、お届け先は自宅などの入力した住所だけでなく、スマホのGPS機能を利用して、今居る所に送って貰うなんて事も可能になるようです。

 

Amazonの「ドローン配達」が実現間近!?02

出典:gigazine.net/

 

他にも、鳥やビルと激突しないようにセンサーを内蔵したり、他のドローンと情報を共有する事で、天候や障害物を確認し、安全な飛行経路を割り出したりと、見た目以上に高度なシステムが盛り込まれるのだそうです。

 

 

実現に向けての壁

このように、とても便利そうな「Amazon Prime Air」ですが、実現に向けて幾つもの問題点が上がっています。

 

真っ先に思いつくのは、落下による事故です。

 

配達用ドローンは商品も含めて4~5kgほどの重量で、それが50m以上の高空を飛んで配達する事になっています。これが落下するのは、20階建のビルから5kgの鉄アレイが降ってくるのと同じです。

 

どんな大惨事になるかは、言うまでもないでしょう。

 

実際、落下したドローンによる事故が、既に報告されています。

 

○落下してきたドローンが当たって意識不明に:シアトルの女性

Amazonの「ドローン配達」が実現間近!?03

 

あと、騒音の問題もあります。

 

1機や2機ならまだしも、何十機ものドローンがプロペラの風切り音を鳴らし、朝も夜も飛んでいるような事態になれば大迷惑です。

 

他にも、飛んでいるドローンを撃墜しての盗難、家の中を覗かれてプライバシーの侵害になるのではないか等、様々な問題が考えられます。

 

 

法の壁

このような懸念からか、国が厳しい規定を定めてしまった事も、ドローン配達の壁となっています。

 

アメリカ連邦航空局(FAA)は商用でドローンを飛ばす場合、航空知識を持った操縦者が、目視可能な範囲でしか飛ばしてはならないと定めたのです。

 

○米ドローン法律案、アマゾン泣かせな内容に

Amazonの「ドローン配達」が実現間近!?04

 

これでは、車でドライバーが配達するのと同じか、それ以上の人件費が掛かってしまい、とても実現など不可能です。そもそも、操縦者が必要では、無人飛行機による配達とは言えません。

 

これに対し、AmazonはFAAに規制の解除を呼びかけていますが、まだ結果は出ていないようです。

 

ただ、AmazonだけでなくGoogleやウォールマート等の他企業も、ドローン配達の計画に乗り出しているため、そう遠くない内に規制緩和が起こりそうではあります。

 

○Google、2017年までにドローンで配送:無人機が日用品を宅配してくる時代に

Amazonの「ドローン配達」が実現間近!?05

○米ウォールマートがドローンによる宅配や在庫管理を目指す、FAAに飛行試験を申請

Amazonの「ドローン配達」が実現間近!?06

 

 

まとめ

たった30分で商品が届く便利なドローン配達。

 

とても夢が膨らむ話ですが、残念な事にこれは全てアメリカでの話です。土地が狭く電線などの障害物も多い日本では、実現は難しいでしょう。

 

ただ、その代わりにロボット配達員なんかが出てきたら面白そうですね。

 

スポンサーリンク



 

関連記事

  1. ロビジュニア 4億通りのお喋りロボット!ロビジュニアの魅力と話す時のコツ
  2. ロボット型携帯電話「RoBoHoN」とは?01 ロボットとスマホの融合!ロボット型携帯電話「RoBoHoN」とは…
  3. 車 もう免許は不要!?迫る完全自動運転の車、そのレベルとは?
  4. デジタルイメージ これぞ傑作!近年のおすすめ名作ロボットアニメ5選
  5. 変なホテル ロボットだらけのハウステンボス「変なホテル」とは!?口コミと評判…
  6. 不気味の谷を乗り越えたアンドロイド・アスナ021 人間そっくり!不気味の谷を乗り越えたアンドロイド・アスナ
  7. 歌舞伎町 外国人に大人気!新宿ロボットレストランへWEB予約してから行こう…
  8. ドローン お手軽に空中散策!オススメのドローン・マルチコプター4選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. ランサムウェア
  2. 電卓
  3. 女性
  4. 注意
  5. テクノロジークローバルネットワーク

アーカイブ

意外と知らない!iPhoneのお得情報

iphone 73社徹底比較

PAGE TOP