Wi-Fi

海外でインターネット(WiFi)に接続するための4つの方法

ネット

 

一昔前と比べて、今は北海道や沖縄に行くのと同じくらい、気軽に海外へ旅行できるようになりました。

 

そこで問題となるのがインターネット環境です。地図の確認、翻訳ソフト、家族との連絡と海外でこそネットは必要なのですが、日本で契約したスマホをそのまま持っていっても、海外では使えません。

 

そこで、海外でネットに接続する4つの方法をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク


海外でネットに接続する4つの方法

1.海外WiFiレンタル

一番簡単な方法がこれです。海外で使えるWiFi(無線LAN)ルーターをレンタルして、それを持ち運ぶ事でどこでもWiFi通信でネットを行えます。

 

海外でインターネット(WiFi)に接続するための4つの方法01

公式サイト: イモトのWi-Fi

 

 

WEBサイトから出発の4日前くらいに予約して、ルーターを郵送して貰ったり空港カウンターで受け取り、旅行先で電源を入れてネットのパスワード設定をするだけで使えるようになります。

 

なかには当日に空港のカウンターで申込可能な会社もあり、気軽に借りられるのが特徴です。

 

○長所

  • 料金が1500円~1,900円ほどと比較的安価
  • 手続きが簡単。
  • 電波が届く範囲ならどこでも使える。

○短所

  • 荷物が増える。
  • ルーターの機種によっては、バッテリーが1日もたない。
  • ルーターを破損、紛失すると4万円前後の賠償金が掛かる
  • (1日300円前後の保険に入ると、賠償金を0円にできる)

 

 

2.スマホの海外パケット定額サービス

海外でインターネット(WiFi)に接続するための4つの方法02

出典:www.nttdocomo.co.jp/

 

 国際ローミングと言われている物で、現在お使いのスマホを海外でもそのまま使えるようになるサービスです。

 

契約しているキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の海外パケット用アプリをダウンロードして、設定を行うだけで簡単に使えるようになります。

ただし、料金がかなり高くつくのでご注意下さい。

 

○長所

  • 電波が届く範囲ならどこでも使える。
  • 機器の購入、レンタルが不要で、普段使っているスマホでそのままネットが出来る
  • 設定が簡単

○短所

  • 料金が11,980円~2,980円とかなり高額
  • 設定を忘れて指定通信業者以外に接続すると、何十万円もの高額請求をされる危険性がある。

 

 

ホテルでネット接続

海外でインターネット(WiFi)に接続するための4つの方法03

出典:www.urbic.jp/

 

日本のホテルもそうですが、海外のホテルでも有線、または無線でネットが出来るサービスが広まってきました。

 

有料の所もありますが、無料でネット接続が可能なホテルもありますので、事前に調べておけば最も安価にネットを楽しめるでしょう。

当然ながらホテルの中だけでしか使えず、外出中に地図の確認などは出来ません。

 

ただ、海外WiFiレンタルや国際ローミングと違い、1日のデータ容量制限がほぼ無いので、動画やゲームを楽しみたい方にはおすすめです。

 

○長所

  • 場所によっては料金が無料
  • データ容量制限を気にせずネットができる
  • WiFiならパスワード設定など無しに、簡単に接続可能。

○短所

  • 事前にネットサービスを行っているホテルを探す必要がある。
  • 外出先では使えない。
  • ホテル側のセキュリティが脆弱だと、個人情報漏洩などの危険性がある。

 

 

海外プリペイドSIMカード

プリペイドSIMをご存じでしょうか。使用できる容量や期間が決まっている、使い捨てのテレホンカード感覚で使えるSIMカードです。

 

これは日本国内用の他に、海外で使える物も売られているので、それを購入する手があります。

 

 

使いたいデータ容量の分だけ先にチャージする形式なので、後から高額請求を受けるといった事も無く、安心して使用できます。

 

料金は初期費用3,000円前後、利用地域によって異なりますが、100MB~500MBで3,000円前後となっています。

 

1日ごとに料金を取られる海外WiFiレンタルや国際ローミングと違い、海外プリペイドSIMは使わなければ料金が掛からない(チャージした容量が減らない)ので、海外に長期滞在するさいには最適です。

 

ただし、このSIMカードを使うためには、SIMロックフリーの端末が必要となります。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入した端末の場合は、SIMロック解除の手続き(手数料3,000円)をしておく必要があるのでご注意下さい。

 

○長所

  • 気軽に購入できて、使い過ぎの心配がない
  • 電波が届く範囲ならどこでも使える。
  • 長期間の使用でも料金が安く済む

○短所

  • SIMロックフリー端末を持っていないと使えない
  • 普段使っているSIMカード(電話番号)は使えないので、連絡のやり取りには不向き。
    (フリーメール、LINE等のSMSを活用すれば、そこまで不便ではありません)

 

 

まとめ

ご紹介した海外でネットに繋げる方法ですが、どれも一長一短で、どれが最高とは言い切れません。

ただ、基本的には下記のように使い分けると良いでしょう。

 

・短期間の旅行なら、安く済む海外WiFiレンタル。

・旅行先で動画、ゲームを楽しむなら、容量制限のないホテルでネット接続。

・長期間の出張なら、日割りの料金が掛からず容量の自由度が高い海外プリペイドSIM。

 

スポンサーリンク



 

スマホを安く賢く運用するための格安SIM選び

王冠 楽天モバイル

www

これから格安SIMを始めたい方にオススメです。同時購入できる格安SIM対応端末は20種類以上と豊富です。9,800円の格安モデルから、64,800円の高性能モデルまで幅広く選べます。しかも、初期設定まで済ませてくれるので、買ったらすぐに使用可能!

 

他にも、通話する方にうれしい、通話料金を安く抑えられる「5分かけ放題オプション」が用意されています。楽天市場を利用している方ならポイントがたまりますので、楽天モバイルを選んでおけば損はしないでしょう。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

王冠 mineo(マイネオ)

www

auとドコモ、2つのキャリアに対応!そして、家族で利用する場合にお得なサービスが充実しています。家族でmineoと利用していると、繰り越した分のデータ容量を家族みんなで分けられます。しかも、毎月50円が割引に!最低利用期間や解約金が一切なく、使ってみて気に入らなかったらすぐに解約できるので安心!

詳細ページへ

公式サイトへ

 

王冠 UQ mobile

www

UQ mobileの最大の売りは速い通信速度で、利用する人の少ない時間帯はなんと20Mbpsもの速度が出ます。混雑する時間帯でも2Mbps出るので動画が止まらず快適に視聴可能!

 

SMSやデザリング機能が最初から無料で使えるのもお得です。月額料金は980円からと他社に比べて割高ですが、少しでもネットの快適さを求める方にはオススメです。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

王冠 おとくケータイ.net

www

ソフトバンクに乗り換えるなら、おとくケータイ.netがお得です。公式ショップでは廃止されてしまった、高額キャッシュバックが今ならまだ受け取れます!

 

取り扱い機種は、XPERIAやnexus、Galaxyなどの最新スマホから、ガラケーまで様々。手続きはネットからの申し込みと書類の郵送で済むから来店不要!忙しくて時間のない方でも気楽です。

詳細ページへ

公式サイトへ

 

 

関連記事

  1. 拡大 【Instagram】ズームできない!?写真(画像)を拡大して見…
  2. U-mobileの契約申し込み方法と開通までの日数や流れ01 【最短30分・即日可能】U-mobileの契約申し込み方法と開通…
  3. iPhone7の画像が再び流出!防水防塵性能とワイヤレス充電の搭載情報に期待01 iPhone7の画像が再び流出!防水防塵性能とワイヤレス充電の搭…
  4. スマホと男の子 ソフトバンク、2017年夏モデル4機種を比較!おすすめの機種は?…
  5. ケース 【iPhone SE】対応ケース・保護フィルムが続々登場!実はi…
  6. mobile 出発当日レンタルが可能な海外WiFiレンタルサービスと注意点
  7. 写真 思い出を再発見!簡単に写真を整理できるアプリ6選
  8. 疑問 MVNO(格安SIM)から大手キャリアにMNP(乗り換え)、戻せ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. ランサムウェア
  2. 電卓
  3. 女性
  4. 注意
  5. テクノロジークローバルネットワーク

アーカイブ

PAGE TOP